フォト
無料ブログはココログ

神秘の珍島海割れと全羅南道のいなか巡り3日間(08.5月)

2008年6月15日 (日)

全羅南道ツアー1日目【楽安邑城・その①】

Dsc02253
続いて、夕方の楽安邑城へやってきました。

その日は楽安邑城祭りが行なわれているはずで、工芸品の販売や製作体験、農楽や仮面劇などがステージで行なわれているはずだったのですが、到着時間が遅くて終わってしまっていました。残念・・・。

Dsc02254
これ、何だと思いますか?この物体、実は日本ととても関係があるものなんです。これは日本の神社仏閣にある狛犬(こまいぬ)の基になったものだという説があるそうです。

↓このように。
Dsc02271_2

しかし、Wikipediaによると・・・

名称は高麗(こま、異国)の犬という意味とされる説がある。これは朝鮮経由で入ってきたためであるとされる。だが、実際の起源はインドという説が有力である。また、朝鮮に狛犬の文化は無く、高麗とは音から来る当て字で「高麗の犬」という意味ではなく、あくまで「狛犬(こまいぬ)」という想像上の神獣であり、同じく対になる獅子も当時の日本人はライオンを見たことが無い。そのため、これも獅子ライオンではなく「獅子(しし)」という神獣であると考えられる。

とにかく、楽安邑城には韓国で唯一入口に石で造った犬が置いてあります。そして、楽安邑城の中でであった犬がこの子・・・

Dsc02262

ちょっと日本では見かけないワン子でしょう?

現地の観光ガイドさんが、先ほどの入口の石造りの犬は「韓国固有の毛の長いむくげ犬」だと言っていたので、楽安邑城内で見かけたこのワン子こそが韓国固有のむくげ犬なんじゃない?!と思っていたのですが、福岡に帰って同じ韓国教室のみなさんに写真をみせたら、「ミックスじゃないですかねぇ~」と言われてな~んだっ・・・って感じでした^^;やっぱりただの雑種でしょうか?!

その②に続く・・・

2008年5月10日 (土)

全羅南道ツアー1日目【松広寺】

7日の夕方7時頃に全羅南道ツアーより帰ってきて、8日はものすごい疲れた顔をして会社に出たのですが、どうもオモニとイモを連れての旅は無意識に神経を使ったようで、8日から発熱・・・9日(金)はまた会社をお休みしてしまいました。

今は熱も下がってだいぶ体調もよくなったので、すこしずつ全羅南道ツアーをレポートしていきたいと思います。

まずは8:45のコビーで博多港を出発。私、これだけ韓国に行っていて、コビーに乗るのは初めてでした。コビーって荷物置き場があんまり広くないんですね・・・やっぱりビートルの方が快適です。

福岡は曇りのお天気でしたが、コビーは揺れることもなくとっても快適で、お昼頃には無事釜山港に着きました。釜山港には2台のバスと2人の韓国人ガイドさんが待っていて、晴天の中、ツアー客総勢47名での出発となりました。

まずは腹ごしらえですが、ツアーの食事ですからお決まりの石焼ビビンバでした。私はあまりツアーで韓国に行ったことがありませんが、ツアーで連れて行かれる食堂ってすごいですねぇ~。テーブルには最初お水が置いてなくて、まずは「ビールとウーロン茶いりませんかー?」っておばちゃん達が注文をとりはじめるんです。

何もわからないツアー客は「ウーロン茶下さい!」と注文をしてしまいますが、たった250mlの小さな缶のウーロン茶が3000w(約300円)もするんです!韓国ではあまりウーロン茶は飲まれませんが、さすが観光客対象の食堂では日本人がウーロン茶好きってちゃんと知ってるんですねぇ。その値段でも結構注文している人がいました。

さて、バスは釜山から西へと伸びる”南海高速道路”を3時間走り、順天(スンチョン/순천)・松広寺(ソングァンサ/송광사)へ。

Dsc02217

松広寺は、韓国三宝寺刹の一つで、新羅時代(日本の奈良時代末期)に建立されましたが、今残っている建物は高麗時代(日本の鎌倉時代)に再建されたものだそうです。

三宝とは、仏・宝・僧の三つを言い、釈迦の仏舎利を奉る通度寺(トンドサ/통도사)が”仏”、八萬大蔵経が収められている海印寺(ヘインサ/해인사)が”宝”、そして16国師と言われる高僧を輩出した松広寺が”僧”をあらわし、その3つの寺を”韓国三宝寺刹”と呼びます。

Dsc02220

韓国では釈迦誕生日が公休日(ちなみにクリスマスも公休日)になっていますが、釈迦誕生日は陰暦の4月8日となっており、毎年その日にちは変ります。今年は5月12日がその日に当ります。

釈迦誕生日のことを韓国では”부천님오신날(プチョニムオシンナル/仏様が来られた日)”と呼びます。その季節になると、お寺の近くや街中に色とりどりの提灯が飾られます。

Dsc02219

その提灯に書いてある絵にはいくつか種類があっておもしろかったので、フォトコレクションしてみました^^

Dsc02250
Dsc02251
Dsc02252
Dsc02302

仏様の絵は、必ず右手を1本指にして空を指し、左手は地を指しているんですね・・・


Dsc02221

色とりどりの提灯で飾られた緩い坂道を登っていくと、"一柱門"という楼閣が見えてきます。

Dsc02226

上の写真が現在の松広寺の配置図ですが、その昔は、「境内に入れば雨に濡れずともそれらを一回りできるほど」深い屋根がたくさんあったと言われているそうです。

Dsc02223_2

松広寺の境内に入る前には"洗月閣"(左側)と"滌珠閣"(右側)と言われる小ぶりの建物が2つ並んでいます。そして境内に入る前に、男の死者の魂は"洗月閣"で、女の死者の魂は"滌珠閣"で洗い清めなければならなかったそうです。この2つの建物はちょっと変な並び方をしていますよね。順天市にお住まいの日本人ガイドさんの説明によると、女性は身分が低いと考えられていたため、男性を清める"洗月閣"の横に並べて建てられることは許されず、一歩控えたような場所に建てられているのだそうです。


Dsc02225
Dsc02248_2

境内への入口となる"羽化閣"は、渓流の上にかかる"三清橋"と組み合わさっています。この橋は"虹橋"とも呼ばれ、俗世から黄泉の国へと渡す船の役割を果たしていると考えられているそうです。

Dsc02230

韓国のお寺の魅力はこの鮮やかな色使い”丹青(タンチョン/단청)”です。丹青には、装飾以外に「虫が食わないように」「防水のために」という木材保護の意味もあるそうです。

Dsc02231

そしてこの屋根の姿の美しさも魅力の一つですよね。

松広寺はやはり、渓流の水面に映る"羽化閣"と"三清橋"の美しさが格別です。まさに、俗世から黄泉の国へと魂を渡す、不思議な空間という感じです。

2008年5月 4日 (日)

珍島に行ってきます!!

お久しぶりです。1ヶ月半くらいblogを更新していませんでしたね。忙しかったんです。そして今月末まで忙しそうです。

さて、そんな忙しさをぬって先月17日~21日まで、慶尚南道の馬山に行ってきました。いつものアレです。

その時食べたいろいろ・・・はまた後日UPするとして、実は明日から全羅南道の珍島を目指して行ってきます。今回は珍しく旅行会社のツアーに参加してきます。というのも、ウリオンマとイモ(うちの母ちゃんと母方のおばちゃん)を連れて行くからです。

珍島と言えば、「海が割れるのよ~♪」の天童よしみ『珍島物語』で日本人にもおなじみですね。今回のツアーは、まさにその海割れを見に行こうと言うツアー。もちろん自然現象なので残念ながら見れない場合もありますが、予想では5/6の夕方がベストとのこと。私達も5/6の夕方に標準をあわせてあります。

その他にも、前々から行ってみたかった順天(スンチョン)の楽安邑城(ナガン・ウプソン)にも立ち寄り、ちょうど5/3~5/5まで楽安邑城祭りが開催中とのこと。

また、韓国の寺フェチのminaが目指していた寺の一つ、韓国三大寺院の松広寺(ソングヮンサ)にも立ち寄ります。これで、通度寺(トンドサ)・海印寺(ヘインサ)・松広寺の三大寺院全てを制覇したことになります。イェイ!

あとは、「夏の香り」のロケ地として有名な(見てないけど・・・)宝城(ポソン)茶園見学。高麗青磁で有名な康津(カンジン)の窯元見学。映画『スキャンダル』のロケ地で、朝鮮後期の有名な画家・許維が晩年をすごした雲林山房(ウンリムサンバン)見学。などなどと、全羅南道をもりだくさんで横断します。

2泊目は、韓国本土の最南端にある韓国名山であり奇岩の展示場と言われる”月出山(ウォルチュルサン)”の麓、”月出山温泉”に宿泊し、温泉も楽しめるんですよ~。

ウリ オンマは、6、7年前に私が両親を連れて釜山・慶州・大邱(海印寺)を旅したことがあり、その時以来の海外、そして韓国です。イモは全く初めての海外、そして韓国です。60台のアジュンマ、いやいやハルモニを連れてどうなることか?わかりませんが、帰国後に楽しいレポートができるように見て、聞いて、食べて、撮って、で楽しんできます!

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

韓国観光公社

  • 한국의 날씨는?
  • 한국말 공부하자!!

尊敬(*゜▽゜*)するソンセンニムHP・blog

  • ポジャギの世界
    minaのポジャギとヨガの師匠で、兄しかいない私にとっては친동생(実の妹)のようにいつもかわいがってくれる언니(オンニ)です。ポジャギ・ヨガ共に、岩田屋コミュニティカレッジ他で教室開講中です!
  • ジスク デース 
    私の韓国語のソンセンニムで、LOVE FMでDJもつとめる金智淑ソンセンニムのHPです(更新お待ちしてます^^by mina)。minaと同じ超B型マイペースのジスク先生は、いつも笑顔で元気いっぱいの素敵な언니です。
  • 今日も食べようキムチっ子クラブ 
    minaの韓国料理の師匠、キムチっ子ことnakaさんのblog。麗しの美貌とおもしろトークで大人気の”我が家の韓国料理教室”を主催。ソウルで韓国料理をしっかり学ばれたnakaさんの料理教室の詳細はblogへGo!
  • ”ぱらん まだん”
    福岡市城南区城西に素敵な場所ができました。韓国文化講座や韓国文化工芸作品の展示会なども行っています。詳しくはblogへGo!
  • koe&Kyo 日々燦々
    直接習ったことはありませんが、ポジャギ展で福岡にいらしたときに何度かお食事をご一緒した李京玉先生とギャラリーkyoの李 賢静さんのふたりblogです。

친구들(友だちの)blog

  • しまこのひとりごと。
    韓国好き仲間のしまこさんのblogです。愛猫のなっちゃんと野球(ロッテ)をこよなく愛し、韓国野球にも造詣が深いのです・・・イ・スンヨプ選手にバレンタインのチョコを手渡したツワモノ^^
  • ほのぼの日記
    ”ぱらんまだん”仲間のjonsukさんのblogです。在日3世のjonsukさんから屈託なくいろ~んなことを教えてもらっています。明るくおしゃべり上手な우리 동생(私達のいもうと)です。
  • コリアンエアーで世界を旅しよう! @ユニパックツアー福岡
    minaがいつもソウルに行く時にはお世話になっているMオンニが勤める、コリアンエアー専門ユニパックツアー福岡支店のスタッフblogです。Mオンニもたまにレポートをしています。韓国だけでなく、ハワイやフィジーなどの情報もここで!!
  • はるかの いろイロ色 日記
    2002年から博多織を学び、2006年には「韓服」を学びに半年間ソウルに留学した悠(はるか)ちゃんのblog。さすが高校時代からデザインを学び、短大でも染色やテキスタイルを学んだ悠ちゃんらしく、日記に添えた写真が芸術的でステキ!
  • 時々 ひゃんり
    ”ぱらんまだん”仲間のひゃんりさんのblog。minaの韓紙工芸作品の色、その他もろもろのよきアドバイザーです。
  • happy Korean days
    趣味友&ママ友のR子さんのblogです。理解ある優しいナンピョン(だんな様)とニコニコ笑顔のかわいい娘っ子ちゃんに囲まれてゆったりなのにアクティブな素敵なママさんです。
  • sono、ぶろぐ 『もぐろぐ』
    ”ぱらんまだん”仲間のsonoさんのblog。毎日ちくちくポジャギをがんばっています。ソウルでポジャギ修行をしながら北九州を中心にポジャギ講師としてがんばっていまーす。
  • 焼肉とコリアンキッチンぽじゃぎ ママのブログ
    ”ぱらんまだん”の色講座で出会ったいつも明るく元気なぽじゃぎママさんのblog。太宰府市大佐野にある「焼肉とコリアンキッチンぽじゃぎ」はめっちゃうまい!ママさんからも元気もらえますよ~
  • Gyeongju journals
    韓国観光公社のパワーブロガーキャンプでご一緒したnana씨のblog。写真がとってもキレイで紹介している韓国の素敵な場所とともにそのセンスがきらりと光ります。
  • 韓国人の彼と結婚しました♪
    大学時代、共に韓国のウルサン大学に研修に行った仲間でもあるりおちゃんのblog。今は福岡で、韓国人の旦那さまと暮らしています。国際結婚ならではの韓国の話題満載です!
    ↑りおちゃんがChoo Choo猫グッズやPONY BROWNなどの
    韓国デザイン文具・雑貨の
    ネットショップを始めました。