フォト
無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

これはまだ買ってませんけど何か?

韓国コスメガイド (Bamboo Mook) Book 韓国コスメガイド (Bamboo Mook)

販売元:竹書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本も、すでに書店でチェック済み?!

こんな本、今までなかったですよね~。それだけ注目されてるってこと?ホント韓国にはまっている人多くなりましたよね。

IKKOさんの功労がかなり大きいのでしょうね。観光地とかお店を知ったようにTVで紹介されると、「いや、それあなたが見つけたんじゃなくて、コーディネーターさんに連れてってもらったから知ってるんでしょ?」って、心の狭い私はpoutブーって思っちゃうんですけどね。でもコスメに関してはプロですものね。「アモーレパシフィックへ肩入れし過ぎててるんじゃないの?」という疑念は残りますけど。

で、この本めちゃくちゃ欲しい、っちゃ欲しいんですけど・・・これはまた棚に戻しちゃいました。だってお金ないんだもん。韓国系雑誌、買いすぎです。

これが食べ物系とかだったら、もしかしたらまた即買いしてたかも?

化粧ではおなかいっぱいになりませんから~~(# ̄З ̄)

でもきっと来月買いますcatface

『手の間』のご紹介

『手の間』という雑誌をご存知ですか?

Photo

福岡市内を中心に、一部の書店や飲食店などで販売されている季刊誌です。

取材エリアは福岡県内を中心に九州一円。 旅のテーマ&エリアは、日本各地や世界まで。・・・とのことで、手づくり、手仕事に関る人たちの暮らし方、生き方などが特集されています。

その最新号、vol.07にポジャギの記事が載っていて、トンちゃん先生の作品の写真が掲載されています。よかったら手にとってご覧下さい。(『手の間』を販売している場所→こちらのページでご確認下さい。)

前に「今日は『手の間』の取材でーす」とメールをもらったことがあって、てっきり先生の姿が載るのだろうと楽しみに手に取ったのですが、残念ながら先生の姿は載っていません。(「私が載らないのはちぃっとも残念じゃないのです(トンちゃん先生・談)」)

『手の間』vol.07のテーマは「土をやく」

その特集の中でもとりあげられているのが、長崎県対馬で作陶されている武末日臣さん。若い頃から高麗李朝陶磁に見せられた方。毎年渡韓しては古窯の発掘・調査を繰り返し、高麗李朝陶磁研究にも情熱を注がれているそうです。

この武末日臣さんは、実は島大国魂(しまおおくにたま)神社というたいそう由緒ある対馬の神社の神職をもつとめられているそうです(代々、武末家が継承)。神社が大好きな私は、その経歴だけでも興味津々。

この武末日臣さん作の酒器展示会が、5月22日~28日までギャラリー一番館(早良区百道浜・ハイアットレジデンシャルスイート福岡1F)で開催されるそうです。

その名も、「武末日臣展 ~海峡を渡る風にのせて~」

この展示会は、普段から武末日臣さんの作品を扱われている「ギャラリー一番館」さんと『手の間』さんとの共同企画で、韓国・李朝文化へのオマージュも込め ”with ポジャギ”として、トンちゃん先生とその生徒のみなさんの作品の一部も展示され、武末さんの作品を彩るようです。

私も是非見に行かせていただきたいと思います。

展示会について、詳しくは『手の間 vol.07』をご覧下さい。

2009年4月27日 (月)

また買いましたけど何か?

今日は本屋ではなく、スーパーで見つけました。
行きつけの「サニー吉塚駅前店」。
『さ〜て、また帰ってご飯作らないかんのかぁ。はぁ〜めんどくせぇ…』
と、汚い言葉使いですが、サッカー台の横でまさにそんな考え事をしていた私の目に飛び込んだのは『韓国』の二文字。
私の脳には間違いなく『韓国』センサーがついています。
サッカー台近くの雑誌売り場に並ぶ雑誌さんたちの中で、ひときわオーラをはなっていたのがこの子です。
『旅』という雑誌。前から「韓国の特集してくれんかなぁ…」と目をつけてはいたのですが、来ました…今アツいです、韓国。
どうせ掲載しているお店は他の本とダブってるに決まってるんですけどね〜。でもなかなか掲載数が多いので、もしかして魅惑の新店が隠れてるかもしれんやないか(」゜□゜)」
と思うと買わずにはいられませんね…
もう私の韓国関係の本はコレクションに近いです。とりあえず買っとけ…てな感じ…?家が散らかるだけなのに(-"-;)
この雑誌、買い!!かどうかは、どうぞご自身の目でご確認を…820円です。

『コリアだより』を知ってますか?

読売新聞の『コリアだより』を知っていますか?
もともとは、読売新聞西部本社版の月曜夕刊で、2004年8月〜2007年12月に連載されたコーナーだったようで、その部分だけ刷り直して配布しているようですね。
うちは読売新聞ではありませんが、私が通勤で使っているJR吉塚駅の旅行センターには、発行してすぐの時期だけですが、韓国行きの旅行パンフに混じっておいてあります。
今号は『花より男子ロケ地めぐり』という特集ですが、以前は (渦中の)盧武鉉前大統領が隠居した金海市のボンハ村の特集もありました。
韓国のローカルな観光情報、銀行の韓国駐在員さんや韓国在住日本人の方のコラムなど、なかなか興味深いですよ。
特に最新号の西日本シティ銀行のソウル駐在員さんのコラムには驚きました。3歳になるお子さんの入学準備である幼稚園に見学に行かれた時のお話です。
外国人の先生が英会話を教えている教室やパソコンが並んでいるコンピューター専用教室なら、英語&学歴至上主義の韓国なら私にも想像がつく範囲でしたが、なんと机の上に生のイカが置いてある教室があり、案内の先生に聞くと「今日は科学の授業でイカの解剖をします」との答えだったそうです。
恐るべき韓国の教育…私はとても韓国で子育てをする自信がないf^_^;と改めて思いましたとさ。 
気になる方は探して読んでみてください。

2009年4月24日 (金)

福岡空港はスイーツの宝庫

おととい、会社が終わった後、会社のお友達Tさんに誘われて、福岡空港の国内線ターミナルに行きました。
福岡空港は本当におもしろみのない空港だったのですが、今年になってお土産売り場がかなりリニューアルされた様子。気になってたのです。
中でもお目当ては、本店は北九州市にあり、福岡市内では薬院に店をかまえる『三日月』のクロワッサン。たまに芸能人のお気に入り品としてTVでも紹介され、ローカルでありながら全国区の一品。
その『三日月』が福岡空港内でも買えるようになり、東区民の私には薬院よりも手軽になりました。
一番人気の“メープル”、だんなちゃんが好きだろう“プレーン”、私好みの“チーズ”、そして和クロワッサンの“きなこ”、“よもぎ”、“ごま”…夫婦二人で食べると言うに、よくばって6種類も一気に買っちゃいました。
今までメープルと“よもぎ”は食べたことがあったのですが、他のもどれが一番とは決められない(≧ε≦)
“ココア”や“紅茶”もあったので、また次の機会には絶対チャレンジ!!
そのほかにも、福岡の人にはおなじみの石村萬盛堂さんの高級和菓子ブランドとして展開する「萬年家(はねや)」のお店もあります。
「他に店舗はどこにありますか?」と尋ねると、「川端のリバレインの地下にあります」とのこと。確かに地下にひっじょうに入りにくい高級そうな和菓子屋がありましたf^_^;あれだったんですね
石村萬盛堂の人気商品と言えば塩豆大福ですが、あれとはまた違ったセレブな大福がこの“一文字焼塩大福”。
表面に焼き色がつけてあるのですが、決して固くはなくやわらかモッチモチです。
賞味期間は翌日までだそうなので、こだわりがあるのでしょうね…売れ残り品どうするんだろ…(・_・;)そればかり気になる私とTさんでしたとさ。
特に東区や粕屋郡の空港近辺の人には、車さえあれば天神に出るよりも気軽に、そして天神にもない注目のスイーツを買うことができるのでおすすめですよ〜

2009年4月23日 (木)

我が家の韓国ごはん

昨日の夕食、我が家の韓国ごはん
石焼きビビンバ〜
奥はタラのジョン(小麦粉と卵をまぶして焼いたもの)です。
ナムルとキムチは手抜きして買ってきました。
会社の近くにある「せんしょう」には、ナカさんのお料理教室でもおなじみの西新の横山商店さんのせんしょう店も入っていて、ナムルとキムチは横山商店のものを拝借。
お肉は冷蔵庫にあった豚肉をヤンニョムして炒めただけf^_^;
もう一品、ミヨックック(ワカメスープ)もつけて、いただきま〜す!
でも実は、前日もブテチゲ(部隊チゲ)だったのよね…

2009年4月19日 (日)

思いがけない発見!

私が韓国に行くとき、欠かせないのが食事の下調べ。
少し前にまたしてもこのグルメ本を買ってしまっていたので、先ほど中を見ていたらビックリ!?
私が行ったことがあるお店の中で、まさか日本に紹介されるほどとは思わなかった、何気に食べた小さなお店が載っていたんです!
ここ談阿(ダマ)は、実はトンちゃん先生のソウルのポジャギの師匠で、私も1ヶ月のソウル留学の際に通い、ソウル旅行の度にも必ずおじゃまするイ・ヒョンスク先生の工房『ダムル工房』のすぐ向かいにあるお店。
しかも私にはこのお店に思い出があるのです。
一番最初に『ダムル工房』を訪ねた日、場所がわからなかったので、当時工房に通っていらっしゃった福岡出身のMさんと恵化(ヘファ)駅で待ち合わせて工房に行きました。
午前中の語学堂の授業を終えてすぐ工房に向かったので、お昼もMさんと一緒に食べることになっていて、そこでMさんに連れて行ってもらったのがこの談阿。予めヒョンスク先生が予約をしてくださっていたようでした。
でも実はこの日の私はすっごく朝から調子が悪くて、胃がキリキリ…消化が悪い感じがモロsadしていました。
談阿に入ってそれをお店のアジュンマ伝えると、まずはサイダーを飲んで(ゲップで)ガスを出したら?という話になり、すぐ近くの商店(韓国ではジュースとかお菓子とかを売る小さい商店を슈퍼(スーパー/韓国語風に読むとシュポー)といいます^O^)でチルソンサイダー(韓国では三ツ矢ではなく七星(チルソン)サイダーが代表的)を買って飲みました。
そして、「あまり胃の負担にならないように、辛さは控えめにしようね」と言って、アンジュンマがおいしいヘムル(海鮮)テンジャンチゲを出してくれました。
他に出たお料理も、私がそれまで韓国で食べたことの無かった、繊細でかわいい韓国料理が並びました。
たぶん高級な宮中料理店に行けば食べれるのでしょうが、そういうお店に(未だに)行ったことがないので、こんな路地裏の丘の上の小さなお店で、懐石料理のように少しずつ、小さく色とりどりでかわいい韓国料理が目の前に並び、とても新鮮で感動したのを覚えています。
でも、もっと食べたいという想いとうらはらに、結局お腹の膨満感がおさまらず、残してしまったという残念な思い出のお店なのです。(そしてその後下宿に帰る途中、忠正路駅の地下鉄構内で一人吐いたという…わすられぬ悪夢の一日。決して談阿のお料理のせいではありません!)
ヒョンスク先生の工房への行き方を説明するのもすごく大変なので、同じくお向かいさんの談阿も口で説明するは難しい場所。
度重なるソウル旅で、食べるお店ももう行き尽くした感のある(そんなワケないと思うけど…)人や、留学やお仕事で現地にお住まいの方におすすめしたいお店です^^

2009年4月18日 (土)

篠栗町があつい?!『茶房わらび野』と『蕎麦文治郎』

高校時代の友達から来た今年の年賀状で、いつの間にか2人目を出産していたことをしりwobbly、連絡をとって会うことにしました。

5月には仕事に復帰するので慣らし保育に預けている4月の間にあおう!ということになり、先日会社の半休をとって(届出的には”通院のため”coldsweats01)、ランチrestaurant&お茶cafeしてきました。

場所は、地元の情報番組tvや情報誌bookで見てずっと気になっていた場所。粕屋郡篠栗町にある『茶房わらび野』です。ここは車carがないとまず行けません。また、土日はかなりの人気だそうです。ちょうど友達が車rvcarを持っているおかげで平日に行くことができました。

私は地元が粕屋郡なので、だいたい地理的にはわかるのですが、結構わかりにくい場所で、さらにかなり山手に上ります。詳しくは、他の方のblogなどを見てね^^

Dsc03819

私の小・中学校schoolの校歌に必ず出てきた”若杉山”に登る道の途中に見えてくるのが『茶房わらび野』

Dsc03839

前面ガラス張りの建物です。

調べてみると、同じ敷地内、すぐ隣にお蕎麦屋さんあることを知り、まずはそちらで腹ごしらえをすることにしました。

Dsc03826

『蕎麦 文治郎』 静かなたたずまい。

Dsc03825

木の梁がむき出しになった高い天井に、ステキな電燈が下がる店内。

Dsc03821_2 Dsc03822

もちろんお蕎麦がメインですが、ここの名物はこんにゃく寿司。どんなお寿司でしょう?

この日は少し肌寒かったので、温蕎麦とこんにゃく寿司のセットを注文しました。次は御膳も食べてみたいですね♪

Dsc03823
Dsc03824

非常にシンプルなお蕎麦でしたが、おつゆがとっても優しい味であったまりましたconfident

鳥かごのような囲いの中に入っているのが薬味。でもあまりにおつゆが優しくて、薬味はいれないままで食べたくなってしまいました。今度いったら薬味にもチャレンジしてみます。

お蕎麦の後ろに隠れ気味なのがこんにゃく寿司。こんにゃく自体に味があって、柔らかめの酢飯とベストマッチ。すごくおいしかったです!2個じゃ足りないdelicious!もっと食べたい感じ。でもこのシンプルなセットでも女性なら充分お腹いっぱいになると思いますよ。

Dsc03838

続いてはゆっくりお茶cafeをしながら話をしようと、隣の『茶房わらび野』へ。茶房といっても、和風ではなく洋風のつくり。夜にはBARbarになるので、BARカウンターもあるんです。

店内は広くて、席数はそんなに多くありません。ギャラリーにもなっていて、いろんな美術品が置いてあります。グランドピアノもあって、たまに演奏会も開かれているようですよ。

Dsc03828

なによりも前面ガラス張りなので、光shineがたくさん入ってきます。この日は残念ながら曇り空cloud。晴れの日sunには博多湾まで広く見渡せると聞いて期待happy02していたので、とても残念weep

Dsc03835 Dsc03836

Dsc03837

食べ物のメニューはスイーツが中心。食事のメニューはサンドを中心に3品だけなので、軽食のつもりで行くのがいいでしょう。

飲み物メニューは写しませんでしたが、コーヒー、紅茶、ハーブティと種類があって、私はウインナーコーヒーをチョイス。

Dsc03831

平日ということもあり、年配の方が大目でした。子供連れの若い夫婦もいらっしゃいましたね。とっても静かでゆっくりと過ごすことができました。

Dsc03833

次は一番窓に近くて景色を見渡せるこの席を、ゲットするぞ!!

Dsc03832

次こそは晴れの日に!皆さんも晴れの日に是非ドライブがてら行ってみてください。

2009年4月14日 (火)

出たな!CREA!!

またまた本屋で私の目を奪う書籍発見!!
即買いしました。
多くの韓国好きが持っていると思われる、2007年出版の名品。
CREA2007年5月号
『あなたの知らない秘密の韓国』
…に続く、
CREA2009年5月号
『行くなら今!史上最強の買い物&美食天国 トクする韓国!』
が出ました〜\(^ー^)/
これまた情報盛りだくさ〜ん(゜∀゜)
これは買い!です。そこいらのガイド本よりギュッと情報がつまってます。
いいぞCREA! やったぞCREA!でかしたCREA!
それ書店に走れ〜ε=ε=┏( ・_・)┛

2009年4月10日 (金)

教えたくないソウルガイド本

私ってつくづく心がセマい(-_-#)

あんまり教えたくない本に出会った。
でもこの本に出会った喜びを伝えたくて書かずにはいられないから、こうしてみた…
裏表紙。
大きな本屋さんなら普通に旅行本コーナーに置いてあるから持ってる人もいるでしょう。
持ってない人は水色ときれいな写真のこの表紙を目印に探してみて…
実はこの表紙をはずしてみるとこうなる。
そう、簡単な旅の韓国語や地下鉄の路線図、裏面にはソウルの広域地図が載っている。
私は外しては使わないと思うけど、おもしろい。
このガイド本はソウルにもっとどっぷりはまりたい人、ソウル人のようにソウルを過ごしたい人、しかもオシャレに、クールに、少しラグジュアリーに。
市場のアジュンマとおしゃべりして屋台で立ち食いするのがわたしゃ性に合ってるよ…という人にはもしかしたらむずがゆいガイド本かもしれない。
が、ソウルのクールでアートな部分にも注目している人には、紹介してあるすべての場所に今すぐ飛んでいき、休日の昼間から夜をそこで過ごしたいと思うに違いない。
昔は重宝した『地球の歩き方』系のガイド本もすでに物足りなくなった私には、久々に旅行のお供にしたい1冊だ。

2009年4月 8日 (水)

春ピザ☆

日曜日に実家に行ったら、タケノコとワラビをくれました。ちゃんとアク抜きとかの下準備したものを…当然!じゃないともらわない(^_^;)
1日目は普通にタケノコとワラビ、人参、椎茸、厚揚げで煮つけにしました。
2日目…なんか普通つくらないメニューにしちゃろうとネットでレシピを検索し、これにしました。
タケノコとワラビの春ピザ☆
   
タケノコとワラビはそれぞれ、塩コンブを絡めて(レシピでは昆布茶となってました)お醤油とお酒少々で炒りました。
ピザ生地は(当然!)ピザシートを買って、チーズをたっぷり載せ、その上にタケノコとワラビを無造作に並べてブラックペッパーをふって焼きました。
ダンナちゃんに、目をキラキラ(゜∇゜)させながら『ねぇ?おいしい?!』と聞いたら、『うん、おいしいよ』との答え。
でもダンナちゃんの”マジうまい!”の時の『おいしいよ』との違いはすぐわかります(∋_∈)
『おいしくなかったと?ねぇ、おいしくなかったとぉ〜(ノ><)ノ』とスネるめんどくさい妻に正直に『最後ちょっとウッと来るね』と答える我が夫…
確かにちよっとチーズ載せすぎたかも…(=゜-゜)
梅肉を少し混ぜたり上に載せたりしたら、ひと味違ったかも(`∇´ゞ
みなさんもアイデアあったらくださ〜い\(^ー^)/

2009年4月 5日 (日)

よし!よし!よし!

4月3日、何年ぶりかにYahoo!ドームに野球観戦に行ってきました。しかも開幕戦です。
しかし私の第一の目的と言えば、コレ…
野球観戦で飲むビールは格別やねぇ〜Ц(⌒〜⌒)
一緒にいったのは野球マニアのしまこさん(手には西スポと2009年選手名鑑)としまこさんの地元のお友達のリカちゃん、そして先日ソウルでの1年の留学生活から戻ったばかりのnontaroさん。
戻ったばかりのnontaroさんとソウルの話ばっかりして、あまりゲームに集中してなかった私(^_^;)
いつ間にか点がどんどん入って楽勝ムードo(`▽´)o
しかし唯一私たちを集中させたのが…

「おとうさん」からのお褒めの言葉。
今年から点が入る度に、「おとうさん」が『よし!よし!よし!』と褒めてくれるのです!
この場面をカメラに収めようと、いい当たりがでると、ホームベースで点が入ったかどうかの確認もそっちのけで、ビジョンに向けてカメラを構えるのです。
みなさんもYahoo!ドームで観戦の際には、ぜひお父さんに注目してください(゜∇゜)

「おとうさん」がでっかいのを待っています…

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

韓国観光公社

  • 한국의 날씨는?
  • 한국말 공부하자!!

尊敬(*゜▽゜*)するソンセンニムHP・blog

  • ポジャギの世界
    minaのポジャギとヨガの師匠で、兄しかいない私にとっては친동생(実の妹)のようにいつもかわいがってくれる언니(オンニ)です。ポジャギ・ヨガ共に、岩田屋コミュニティカレッジ他で教室開講中です!
  • ジスク デース 
    私の韓国語のソンセンニムで、LOVE FMでDJもつとめる金智淑ソンセンニムのHPです(更新お待ちしてます^^by mina)。minaと同じ超B型マイペースのジスク先生は、いつも笑顔で元気いっぱいの素敵な언니です。
  • 今日も食べようキムチっ子クラブ 
    minaの韓国料理の師匠、キムチっ子ことnakaさんのblog。麗しの美貌とおもしろトークで大人気の”我が家の韓国料理教室”を主催。ソウルで韓国料理をしっかり学ばれたnakaさんの料理教室の詳細はblogへGo!
  • ”ぱらん まだん”
    福岡市城南区城西に素敵な場所ができました。韓国文化講座や韓国文化工芸作品の展示会なども行っています。詳しくはblogへGo!
  • koe&Kyo 日々燦々
    直接習ったことはありませんが、ポジャギ展で福岡にいらしたときに何度かお食事をご一緒した李京玉先生とギャラリーkyoの李 賢静さんのふたりblogです。

친구들(友だちの)blog

  • しまこのひとりごと。
    韓国好き仲間のしまこさんのblogです。愛猫のなっちゃんと野球(ロッテ)をこよなく愛し、韓国野球にも造詣が深いのです・・・イ・スンヨプ選手にバレンタインのチョコを手渡したツワモノ^^
  • ほのぼの日記
    ”ぱらんまだん”仲間のjonsukさんのblogです。在日3世のjonsukさんから屈託なくいろ~んなことを教えてもらっています。明るくおしゃべり上手な우리 동생(私達のいもうと)です。
  • コリアンエアーで世界を旅しよう! @ユニパックツアー福岡
    minaがいつもソウルに行く時にはお世話になっているMオンニが勤める、コリアンエアー専門ユニパックツアー福岡支店のスタッフblogです。Mオンニもたまにレポートをしています。韓国だけでなく、ハワイやフィジーなどの情報もここで!!
  • はるかの いろイロ色 日記
    2002年から博多織を学び、2006年には「韓服」を学びに半年間ソウルに留学した悠(はるか)ちゃんのblog。さすが高校時代からデザインを学び、短大でも染色やテキスタイルを学んだ悠ちゃんらしく、日記に添えた写真が芸術的でステキ!
  • 時々 ひゃんり
    ”ぱらんまだん”仲間のひゃんりさんのblog。minaの韓紙工芸作品の色、その他もろもろのよきアドバイザーです。
  • happy Korean days
    趣味友&ママ友のR子さんのblogです。理解ある優しいナンピョン(だんな様)とニコニコ笑顔のかわいい娘っ子ちゃんに囲まれてゆったりなのにアクティブな素敵なママさんです。
  • sono、ぶろぐ 『もぐろぐ』
    ”ぱらんまだん”仲間のsonoさんのblog。毎日ちくちくポジャギをがんばっています。ソウルでポジャギ修行をしながら北九州を中心にポジャギ講師としてがんばっていまーす。
  • 焼肉とコリアンキッチンぽじゃぎ ママのブログ
    ”ぱらんまだん”の色講座で出会ったいつも明るく元気なぽじゃぎママさんのblog。太宰府市大佐野にある「焼肉とコリアンキッチンぽじゃぎ」はめっちゃうまい!ママさんからも元気もらえますよ~
  • Gyeongju journals
    韓国観光公社のパワーブロガーキャンプでご一緒したnana씨のblog。写真がとってもキレイで紹介している韓国の素敵な場所とともにそのセンスがきらりと光ります。
  • 韓国人の彼と結婚しました♪
    大学時代、共に韓国のウルサン大学に研修に行った仲間でもあるりおちゃんのblog。今は福岡で、韓国人の旦那さまと暮らしています。国際結婚ならではの韓国の話題満載です!
    ↑りおちゃんがChoo Choo猫グッズやPONY BROWNなどの
    韓国デザイン文具・雑貨の
    ネットショップを始めました。