フォト
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

サッドムービー☆

久々に映画館で韓国映画を見ました。ソラリアで26日までサッドムービーがリバイバル上映していたので、一人で。

実は日本語字幕つきのビデオを韓日食品だっけか?博多区祇園にある韓国食料&韓国ドラマのビデオレンタル屋さんで借りたままでずっと手元に持ってるんだけど(あそこは別に返さなくてもよいんです)、なんとなく家では見なくて初見でした。

想像していたより気に入りました。チョン・ウソンは素敵だと思うけど、今まではあまり魅力を感じたことが無かったのですが、サッド・ムービーでのちょっと勘の鈍い感じがよかったです。私が今まで見た映画の中では一番明るく笑っていたシーンが多かった気がします。

あとは、イム・スジョンちゃんの唇にやられました。決して美人じゃないんだけど、なぜかかわいい~。守りたくなる~。

あ、そうだ忘れちゃいけない、この映画一番の私の癒されドコロは、イ・ギウ君でした。映画「ラブストーリー」の時は、なんだこの田舎臭い青年は・・・という印象しかなかったんですが(年代が古い設定の役だったので当たり前だけど・・・)、今回のギウ君の役にはかなり癒されて、ずっとニヤけてました。久々のヒットです、イ・ギウ。

どなたかギウ君の出演作持ってる人、貸してください^^;

さんざん涙してたんですが、最後のチョン・ウソンとイム・スジョンちゃんの物語の終わり方にどうしても納得がいきません^^;最後の最後で涙がきれいに乾いてしまいました。見てない方がいたらいけないので細かくは書けませんが、見た方どう思われましたか?ご意見お待ちしています^^

釜山で年越し☆⑤

あら、いつのまにかもう1ヶ月経とうとしているのね。釜山旅、続き!

龍宮寺からもどった私たちは、まずは腹ごしらえ・・・

なんだけど、女友達と来てたらこうはならなかったのでしょうが、相方がダンナちゃんなのですっかり怠けてしまって、一応行きたいお店はいろいろ調べてはいたのですが、もう面倒臭くなっちゃって、昼食もなんとホテルの裏の参鶏湯(サムゲタン)屋に適当に入っちゃいました。全然有名なとこじゃありません。あとで考えたら近くにもっとサイトに載ってるようなおいしい店もあったというのに^^;

店の名前も控えてないやる気のなさですが、私は漢方入りのスープがちょっと黒い参鶏湯(サムゲタン)を食べました。○○サムゲタンって書いてあったんだけど、なんだっけ?でも有名な店じゃなくても十分おいしかったっす!

Dsc00088

お次は、このツアーでもらった2人で40,000円分のクーポンを手にいつもはご縁のない免税店へ。きっちりクーポンの額面分のみ、手出し無しのお買い物をしました。残念ながら、시어머니(お姑さん)へのお土産とダンナちゃんの靴・財布に変身!!私の買い物は無し~(;_;)

その後前日と同じように、ホテルの部屋に帰ってお昼寝・・・^^;またかいっ!釜山まで寝に行ったんかい!?ってくらいこの度寝てばっかりでした・・・疲れてたんでしょうね。

本当は、大好きなカンジャンケジャンを食べに釜山大の近くの店か、海雲台の店に行こうかと思っていたんですが、余力無し・・・ってことでこの日の夜はしばらくホテルの周りを徘徊し、minaお気に入りのシャブカルグクスのお店を見つけて入りました。
Dsc00094

あ、別にここ調べて入った店じゃないんで、おいしい店ってわけじゃありません。でも普通においしかったです。うちのナンピョンもかなり気に入ってました。でも私がソウルの忠武路でウニョンオンニにおごってもらったシャブカルグクスは赤い色のいかにもおいしそうなお肉でしたが、今度釜山で食べたお店ではクルックルッて巻いた形のままコチンコチンに凍ったお肉が出てきました。比べたらソウルで食べたときのほうが断然おいしかったです。

Dsc00090

あとはソウルで食べたときは酢醤油のつけダレにワサビをつけて食べたのですが、釜山で食べたお店ではワサビじゃなくてカラシにつけて食べました。野菜の具も、ソウルで食べたときのほうがセリがいっぱい出てきたんですが、釜山のお店は白菜と大量のキノコ(舞茸か?)が出てきました。ソウルで食べたほうが豪華だったような・・・値段も違うのかもしれないけど・・・
Dsc00091

こんな赤いスープの中に、まず野菜を入れ、お肉をシャブシャブっとして一緒にいただきます。そしてそろそろ肉も野菜も切れてくるぞ・・・って時にまずはカルグクス(うどんの麺みたいなの)を入れていただきます。

Dsc00092

夢中になって食べていたので、写真はすでにカルグクスを食べ終えようとしているところです。スープもどろどろ・・・

ところが、これで終わりと思ってもらっては困るんですよ!!シャブカルグクスは野菜・お肉・カルグクス、そして最後にシメの雑炊までするご飯がついてひとつのセットなんです!追加でご飯の注文、なんてそんなマドロッこしいことはしなくても最初から麺もご飯もセットなんです。
Dsc00093

白ご飯の上にネギと生卵が載っているので、それを残りのスープの中に入れ雑炊をつくります。店員さんに言えばやってくれると思いますし、必然的に店員さんがやるところもあると思いますが、ここではもう客もほとんどいなくて店員もくつろぎモードだったので、自分たちで作っちゃいました。写真だと伝わらないんですが、これがメッチャクチャおいしいです!!ただでさえスープがおいしいのに、それに今までさんざんお肉をシャブシャブしてきたわけですから、さらに濃厚な味になっているわけです。

カルグクスもおいしいんですが、決して「あ~もうご飯はお腹いっぱいで食べれ~ん」・・・なんて愚かなことだけはしないでください!!この雑炊にすべて凝縮されているのです。この雑炊のために今までの行為が存在したと言っても過言では・・・それはちょっと過言かな^^;

まだシャブカルグクス未体験の方は、どうぞ次回の韓国旅行の際にはトライしてみて下さいね^^

2007年1月24日 (水)

희망이란(希望とは・・・)

희망이란
본래 있다고도 할 수 없고 없다고도 할 수 없다.
그것은 마치 땅 위의 길과 같은 것이다.
본래 땅 위에는 길이 없었다.
한 사람이 먼저 가고
걸어가는 사람이 많아지면
그것이 곧 길이 되는 것이다.


- 루쉰의《고향》중에서 -



희망은 처음부터 있었던 것이 아닙니다.
아무것도 없는 곳에서도 생겨나는 것이 희망입니다.
희망은 희망을 갖는 사람에게만 존재합니다.
희망이 있다고 믿는 사람에게는 희망이 있고,
희망 같은 것은 없다고 생각하는 사람에게는
실제로도 희망은 없습니다.   

-----------------------

希望とは
元々あるとも言えないし、無いとも言えない
それはちょうど土の上の道みたいなものだ
元々土の上には道がなかった
一人がまず初めに通り
歩いていく人が多くなれば
それがやがて道になるのだ

-魯迅の《故郷》より-

希望は初めからあったものではありません
何も無いところでも生まれ出るものが希望です
希望は希望を持っている人にだけ存在します
希望があると信じる人には希望があり
希望のようなものはないと考えている人には
実際にも希望はないのです

----------------------

minaはいつも希望でいっぱいです^^

要望も多いけど・・・남편한테는....(ダンナちゃんには...)


Book

阿Q正伝・故郷

著者:魯迅
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



初めに、고도원의 아침 변지とは・・・

いきなりですが、3冊目の2007年の手帳がやってきました。最初の2つは前に紹介した、韓国スタバの日記帳とTHE FACE SHOPのスケジュール帳

そして3冊目は、先日お友達のりおちゃんがお正月にソウルに行った時に、共通の友達であるジョンスクと会って、私へのジョンスクからのプレゼントとして渡されたもの。

小ぶりでとっても使いやすそうだったけど、すでにTHE FACE SHOPのスケジュール帳を使い始めていた私は、ジョンスクからのプレゼントの手帳は、毎日チマチマと使っては減っていくお金をその都度書き留めておくプチ家計簿にすることにしました。

でもこの手帳、고도원의 마침변지(コ・ドウォンの朝の手紙)という題名がついています。そして中には1週間ごとに1つのエッセイのような韓国語の文章が載っています。どうも、コ・ドウォンさんという人が、今までに読んだことのある世界各国の小説・エッセイなどから素敵なフレーズを選んで紹介し、それに自身の考えをエッセイ風に書き加えているようです。
Sn320745

コ・ドウォンさんという人が気になって調べてみると以前、青瓦台秘書官(...つまり大統領秘書官ということでしょうか?)までされた人だそうで、2001年からネットで登録した人に「コ・ドウォンの朝の手紙」という名前で毎朝素敵なフレーズを届けているのだそうです。今やその登録者は170万人を越えているのだとか。すべて牧師だったお父様が残されたたくさんの本をコ・ドウォンさんが読んで自ら選んだフレーズとご自身のコメントです。

せっかくジョンスクがくれた手帳ですし、同じく手帳に「오늘도 많이 웃으세요(今日もたくさん笑ってくださいね)」とメッセージが書いてあるように素敵なことがたくさん書いてありそうなので、この文章を少しずつ訳していくことにします。

みなさんにもこのblog上で紹介していきたいと思いますので、コ・ドウォンさんからの素敵なメッセージを共有しましょう・・・

それなら私も自分で訳したいわ!とか私も「朝の手紙」を直接受け取りたいわ!という人には、「고도원의 아침 변지」のHPもお知らせしておきます。←クリックしてください。たまにチェックするのもいいですし、登録して毎朝の手紙を直接受け取ることもできますよ。

私はとりあえずは少しずつ、この手帳に書いてあるものから読んで行きたいと思います。

1/21☆ムナバン・ユニ料理教室☆

前にも何度か参加しているNPO法人ムナバン・ユニの料理教室。今月は김밥(キムパップ・海苔巻き)と돼지갈비찜(テジカルビチム・豚カルビの煮込み)でした。

福岡の韓国領事館の料理人の先生に教わるのですが、領事の交代にともなってもうすぐ韓国にお帰りになるのだそうで、今回が先生に教わる最後の回。説明も全部韓国語で(もちろん通訳付ですが)勉強になるので、とっても楽しかったのですが残念。

Sn320744

私が一人で作ったわけではありませんが、とってもおいしくできました。ちなみにキムパップはちゃんと一人一人が自分の分を巻いています。どうですか?私のキムパップ。なかなかきれいにできてるでしょ?

Sn320743

テジカルビチムは日本で言えばちょうど肉じゃがのような感じです。最後には栗の甘露煮と銀杏で飾りつけ。牛肉で作れば소갈비찜・ソカルビチムです。

韓国料理食べ歩き隊 第10回会合☆

Sn320730

さてさて、記念すべき10回目の韓国料理食べ歩き隊・会合は、1/18(木)には福岡市中央区春吉ジャスマック酒肴路地2Fにある、韓国宮廷料理・精水に行って参りました。

写真を見ていただければわかりますが、今までのお店とはお皿からちょっと違う様子ですよね・・・右のお香入れの様な容器は、チヂミをつけるタレが入っています。

Sn320731

まず最初に出たのは、韓国では今の冬の季節、それも冬至の日によく食べられるという밭죽(パッチュク)。日本で言うとおしるこやぜんざいのような小豆をよーく煮込んだおかゆのことです。しかし、おしるこやぜんざいのよう甘くはありません。塩で味付けされています。上に浮かんでいるのはくるみと松の実です。

Sn320732

続いてチヂミはおなじみのものです。海鮮もたっぷりです。

Sn320734

さて続いて出てきたのが、こんな豪華な螺鈿の器・・・思わず「わぁ、こりゃコース料金に皿代も入っとうばい・・・」とつぶやいてしまったら、後ろにお店の人がいて慌てました^^;

Sn320735

この中には잡채(チャプチェ)という韓国料理好きには同じみの野菜・肉、春雨(韓国では당면・タンミョンという)を炒めたお料理が入っています。

Sn320736

次はキムチの盛り合わせ。お上品だわ・・・量も^^;...

Sn320737

コースのメインは肉料理とのことでしたが、内容は日によって違うとのこと。この日は삼겹살(サムギョプサル・豚の三枚肉)を甘辛い味噌で味付けしたもの。これは豚なのにさっぱりしておいしかったです。でもこれで3人分ね...^^;

Sn320738

Sn320740

締めはご飯で。お味噌汁とナムルや멸치볶음(ミョルチポックム・いりこの佃煮)などの佃煮系がついています。

これで、あとサラダとデザートなどがついて精水おすすめAコース・3000円ナリ。お得感にはやや評価薄・・・ですが、福岡にある他の韓国料理店とは違った味を楽しめますよ。男性には量的にちょっと物足りないかもしれませんが、見ても楽しいお料理は女性にお薦めです!

今回の参加者は、mina・りおちゃん・nontaroさん・arisuさん・みーさん・kuriさん・チウゲさん・たくちゃん・ころさんの9名でした。

また今年も、隊員のみんなと福岡の韓国料理店をどしどし征服して行きたいと思っていま~す。

2007年1月17日 (水)

韓国料理食べ歩き隊 第9回会合☆

すっかり遅くなってしまいましたが、12月の食べ歩きをレポします。

今回は12/22に、博多区住吉にある韓国料理「ふるさと(コヒャン)」に行ってきました。参加者は、mina・りおちゃん・arisuさん・チウゲさん・う~にゃんさん・kuriさん・Hanaさん・hiromiさん、そして初参加で我が隊2人目の男性隊員ひろさんの9名です。

飲み放題付で4000円の鍋コースには、

Dsc00001

かなり多きなチヂミが、9名に対して3枚・・・

Dsc00002

そして鍋コースなのでもちろん鍋が来るのですが、9人なので半分ずつ海鮮鍋とカムジャタンを注文し、まずは海鮮鍋をいただきました。2つの鍋を9人で半分ずつ・・・と注文したのですが、最初の海鮮鍋だけでちゃんと9人に鍋2つ分でてきて、その鍋の大きさにも驚きました。ちゃんと、カムジャタンも出てくるの?!忘れてない?と思わず確認してしまったほどです。

Dsc00003

コースには生センマイがついていましたが、アジュンマがやってきて「生センマイがついてるんだけど、中には嫌いな人がいるからよかったら他のに変えれるけどどうする?」とのこと。生センマイも大好きな私は全然生センマイでよかったし、他の人も「生センマイ好きやけど・・・」と言っていましたが、「変わりにたこ炒めにしようか。たこ炒めのほうがお得よ。そっちのほうが高いからね」と言われ、いっせいに「じゃ、たこ炒め!」とみんなで一斉にハモッてしまいました^^

「たこ炒め」っていうか韓国語では「낙지볶음(ナクチポックム)」ですが、なぜか壁に貼ってあるメニューには「ナクチポッコン」と書いてありました。この店の奥さんは韓国の大邱(テグ)出身なので、もしかしたら方言なのでしょうか???

Dsc00004

海鮮鍋をひとしきり食べた後には、ちゃんとカムジャタンがやってきました。こちらも鍋が2つ。カムジャタンはエゴマの葉の風味が独特で、この店のカムジャタンにはさらに上からすりゴマがたっぷりかけてあって、まろやかな味わいです。

Dsc00007

最後には残り汁にご飯を入れて、雑炊にできます。残り汁はカムジャタンでもできるそうですが、私たちは最初の海鮮鍋を選びました。

ここは、ほんとにボリューム満点!です。お腹いっぱいになりました。私たちのように大勢で行って2つの鍋を楽しむといいかもしれませんね。飲み放題の飲み物の種類も豊富でお勧めですよ~。

さて、実は明日も今年第一回目の食べ歩きがあります。もうこの集まりも10回目に突入します。日程の都合でなかなか全員は参加できませんが、だいたいコンスタントに8名~9名で集まっています。もし、入隊をご希望の方はどうぞ!

2007年1月16日 (火)

我が家にも金の子豚ちゃんがやってきた☆

Dsc00110

韓国好きな人は、もういたるところでお聞き及びかと思いますが、今年は日本での干支は猪年ですが、中国や韓国では豚年です。そして特に今年は600年に1度という黄金の豚年だそうです。

日本でも丙午(ひのえうま)は60年に1度巡ってきて、その年に生まれた女の子は男を食い殺す・・・もちろん本当に食いはしませんが、そのくらい気の強い女になる・・・といわれていますね。

韓国の黄金の豚年は逆に、とっても縁起がいい年。この年に生まれた人はお金に恵まれるといわれ、昨年結婚して今年の出産を狙う夫婦が増えて今年韓国はベビーブームになるだろう、と言われています。

先日釜山に行ったときにも、街中には金色の豚さん貯金箱が、それはもういたるところに売られていました。豚の貯金箱はたまに目にしますが、金色が出回っているのは単にお正月でめでたいからだろう・・・と最初思っていた私。正月に韓国を訪れたのは初めてだったからです。

ところがちょうど釜山港からビートルに乗って、あと15分程度で福岡に着くかな?というころ、韓国にいる友達のジョンスクから携帯にメールが入りました。

「今年は600年ぶりの黄金の豚年です!」

黄金の豚年だと~?!しかも600年に1度!それであんなに金の豚さん貯金箱が売ってあったんだ~・・・と初めて気づいた私。そのままジョンスクに、「そんなことなら記念にあの貯金箱買うべきだった!ちょっとジョンスク買っといて!次ソウルに行ったときにもらうから」・・・とメールしていました。それが1/2の日。

するとちょうど年末年始にナンピョンの実家・韓国の忠州に帰っていた友達のりおちゃんが、3日に福岡に帰ることになっていました。ジョンスクとはジョンスクがワーホリで福岡にいた時、いつもりおちゃんと3人で会ってはCAFEでおしゃべりをしていた友達なので、ちょうどりおちゃんも2日の日にジョンスクと会ってソウルで遊んでいたところ。

私がメールしたときにはすでにりおちゃんとジョンスクは一緒にいなかったものの、ジョンスクがすぐにりおちゃんに電話をしてくれて、「minaに金の豚貯金箱を買っていってあげて~」と頼んでくれたのです。

それで予定より早く、我が家に金の豚さんがやってきました。ジョンスク&りおちゃん、고마워~^^

これで今年10月末にトンちゃん先生以下ポジャギ教室の皆さんと行く予定の京畿道・江原道ツアーの旅費をコツコツとためようかな~

2007年1月12日 (金)

釜山で年越し☆④

続いてVIPツアーご一行様は、広安里からバスに乗って朝食を食べる食堂へ。これだけツアーについています。
Dsc00062_2
正月はやっぱり떡국(日本でいうお雑煮)でしょう・・・

そして続いては동해용궁사(東海龍宮寺)に初詣へ行きます。バスで龍宮寺がある釜山のはずれ機張郡へ・・・・反対車線にはずらりと車が渋滞しています。ロッテ観光の添乗員イ・ヨンエさん(同姓同名)の話では、みんな初日の出と初詣をかねて龍宮寺へ行ったその帰りの渋滞だろうとのこと。私は韓国には”初詣”という風習はないものだと思い込んでいたので、その渋滞はすごく意外でした。

Dsc00063_2
あまりに渋滞しているので、龍宮寺の駐車場へ続く細い小道に入ったところで私たちはバスを降り、入り口まで歩くことにしました。するとその途中、干支にちなんでかデッカイ猪がトラックに乗って見世物になっていました。あれ?韓国は猪じゃなくて豚年のはずなんだけど・・・?

Dsc00064_1
Dsc00065_1
着きました。龍宮寺です・・・。本堂に続く参道には、국화빵(菊花パン)などの出店がいっぱいです。

Dsc00066_1
Dsc00086_1
途中には、十二支をかたどった十二支神像が並んでいます。MY干支・ウサちゃんの横でパチリ。

Dsc00071_1
本堂と海が見えてきたこの階段は、煩悩の数・108段の階段です。

韓国では儒教が入ってきたその昔に仏教が疎外された時代があり、仏教文化は山の中でひっそりと生き延びて行きました。よってほとんどのお寺が山手に建っているのですが、ここ龍宮寺は高麗時代末の1376年に建立されたふるいお寺でありながらも韓国では珍しい海の見える場所に建てられています。また中国・道教の影響を受けた様式も非常に珍しく一見の価値があります。
Dsc00076

また本堂のさらに上に上ると、心の病・身体の病気を治癒してくれる霊験のある仏様として建立されている薬師如来仏が海を臨みながら穏やかな姿で私たちを見守ってくださいます 。
Dsc00075

本堂に向かう108段の階段の途中から横道にそれると、崖の上に仏像が座っていらっしゃって、その横には日の出岩があります。きっと何時間か前にはさぞこの日の出岩の周りにたくさんの人があつまって、ご来光を拝んだんでしょうね。
Dsc00079
Dsc00082

再度108段あるという階段を上って集合場所に急ぐ途中、行きがけは気づかなかったものを発見。
Dsc00085
「わ、おまえや、おまえ」というダンナちゃんの声。私も思わず「私そっくりや・・・」と声をもらしてしまったそのふくよかなお腹。「得男仏」と書かれたこの仏像は、お腹を触ると男の子を授かるそうです。その時は知らなかったのですが、私は女の子が欲しいので触らなくてよかったでーす。

2007年1月 7日 (日)

釜山で年越し☆③

カウントダウンを終え、ホテルに戻ったのが1:00前。それからいそいそと翌日に備えて就寝。というのも、また朝6:00にホテルフロントに集合して、広安里での해돋이(日の出)を見に行くためです。

地下鉄で西面から広安の駅までVIPツアー参加者大移動。駅から広安里の海岸まで歩いていくと、次第に人だかりが見えてきます。
Dsc00048
そして人だかりにの向こうには、きれいにライトアップされた広安大橋。砂浜にはステージがもうけてあり、楽器の演奏などが行われています。いったん解散となったので、私は食べ歩き隊の一員で最近まで3ヶ月釜山に留学していたHanaさんのお気に入りスポット、広安里のスタバを目指したのですが、その手前にあるcafe PASCUCCI(パスクッチ)も3階建てになっていて、3階はオープンテラスになっているので、今回はPASCUCCIに行ってみました。
Dsc00050
PASCUCCI 3階のオープンテラスからの眺めはこんな感じ。

Dsc00053
PASCUCCI 2階からはこんな風にガラス越しの広安大橋も楽しめます。

Dsc00060

空が白んでくると、広安大橋のライトも消え、日の出を待つばかり・・・ところが、待てども待てども大きな太陽の姿が見えてきません^^;

集合の7:30になったので、元の場所に戻りましたが、日の出はまだ拝めそうにありません。ついにステージには市長なのか何者なのかわかりませんが、偉そうなひとが5・6人立ち新年の挨拶を始めました。そしてココでも配られていた空とぶ風船は、日の出を待たずに一斉に飛ばされました。
Dsc00055






残念ながら日の出は拝めませんでしたが、日本ではたいてい山頂など高いところで日の出を迎えようとすることが多いですが、韓国では海に集まるんだな~と、その違いを感じることができました。

今年はこれで行く!

昨年11月にソウルにいったあや姉に頼んで買ってきてもらった韓国スタバのダイアリー。去年・・2006年版をお友達のりおちゃんが持っていて、2007年は手に入れようと思っていたもの。
Dsc00013
コーヒー袋みたいな麻の巾着にはいっています。11000wでしたが、これにスタバロゴ入りのペン付のものは13000wで売っているみたいですねー。

戻ってき次第、わざわざ家まで持ってきてくれたあや姉が、「こんな重いスケジュール帳よく持って歩くね」と言った様に、今年のはスケジュール帳というよりダイアリーです。しおりちゃんが持っていた2006年版はもっと小さかったのですが、今年のは頑丈です。
Dsc00014
これは持ち歩きには適さないので、今年はこれに毎日韓国語で日記をつけることにしました。毎日かかさず・・・というのは難しいですが、遅れてでも、一言二言でも書いていきたいと思っています。いまのところ続いています^^;

スタバダイアリーの詳しくは、りおちゃんのblogでどうぞ→こちら

ということで、またスケジュール帳を探さねば・・・と思っていた私。釜山に行くついでに教保文庫にでも言って買おうと思っていたのですが、教保文庫に行く前にいいものにめぐり合いました。

minaの大好きなFACE SHOPでお買い物をすると、いつも楽しみなおまけ。今回もらったのはポーチとなんとスケジュール帳。
Dsc00109
花柄のデザインが女の子らしくてかわいいでしょーー。私はFACE SHOPの化粧品も、パッケージのデザインがすごく好きでつい買ってしまうんですよね~。スタバのよりは少し小ぶりで軽く、これなら持って回れそう。必須条件だったメモ帳ページもたっぷりあります。韓国人の友達に会ったときに習った新しい言葉をその時メモする為にメモ帳ページはたくさん重要なんです。

お化粧屋さんのスケジュール帳らしく、中にはいろんな肌へのアドバイスが載っています。
Dsc00108
そして年末、パソコン・デジカメと大盤振る舞いした後、さらに自分へのプレゼントとしてi-pod nanoを購入。
Dsc00015_1
無料でダウンロードできるpodcastというコンテンツには、英会話素材は多くても韓国語素材はあまりないんだけど、それでもいくつかみつけたのでさっそく取り込んでみました。あとは今年はK-POPをたくさん持ち歩いて、勉強の素材にしたいと思いま~す。
(写真は11月に出たsg wanna beの3枚組みベストと、12月に出たskoop on somebodyのシングルベスト&DVD)

2007年1月 6日 (土)

釜山で年越し☆②

昼ごはんを食べたあとは、ミリオレ横の元アラームマートのスーパーをうろうろ~としたら、前日家の掃除と旅行の準備やらをぐずぐずでやっていてほとんど寝てない私は、もうお眠・・・

いそいそとホテルに帰って、せっかく釜山まで来たというのに部屋でお昼寝ならぬ夕方寝。というのも、その日の夜は竜頭山公園で行われるカウントダウンのイベントに行くことになっているのです。これもツアーのオプション。といっても他のツアーのようにオプション料金はとられずにバスに添乗員付き・・・っていうのがVIPツアーのなせる技。

さっそく眠りについただんなちゃんを横目に、私はTVで大好きなMC.ユーことユ・ジェソクやらパク・ミョンス、ハハが出ている番組を見たりしていたのですが、やっぱり眠くなってしまいました。19:30にモーニング(?)コールをセットして就寝。

19:30に起きると、夜のカウントダウンに備えてシャワーをあび、TVを見ているとまたユ・ジェソクの姿。実際は30日にあったそうなのでおそらく私が見たのは再放送ですが、ちょうどMBC演技大賞が放送されていました。司会はユ・ジェソクと、ノンストップやセクションTVでおなじみハン・イェスルちゃん。

ちょうどチャンネルをつけたときには主演女優賞のプレゼンターで神話のエリックと「がんばれクムスン」のハン・ヘジンちゃんが受賞者を読み上げるところ。結局最優秀主演女優賞は2人が受賞し、なんとプレゼンターのハン・ヘジンちゃんも2006年話題のドラマ「朱蒙」で自ら受賞となりました。(たぶん・・・2人トロフィーもらってた。)

大賞も同じく「朱蒙」から、ソン・イルグク。やっぱり2006年は高句麗ブームの火付け役となった「朱蒙」に受賞も集中したようです。KNTVで放送してるらしいけど、NHK買わないかな~

その後外に繰り出し晩ご飯。歩いてないからお腹がすかない~(;_;)カルビの予定だったんだけど結局夜の9時ということもあって肉はやめて부대찌개(部隊チゲ)に。あれ?それを夜9時に食べるのもどうかって?!^^;

お店はロッテデパートの裏側。전통의정부 부대찌개(伝統議政府部隊チゲ)というお店。議政府というのはソウル郊外の地名です。(店は写真の入り口から地下におります。)
Dsc00027
10月の旅行で実際、議政府にあるブテチゲ通りの老舗店で食べた私は、伝統議政府ブテチゲって言ってるけどどんなもんだか・・・と思っていたのですが、いや~うまかったです。

Dsc00024

鍋の上にのっている具は大豆。納豆でもなくテンジャンでもなく、大豆の水煮のような感じ。ソーセージとスパムが鍋で煮込むとトロトロになっておいしいんですよね~。おすすめです。

さてさて10時にホテルをチャーターバスで出発し、竜頭山公園へ。ここでみつけたのが「FREE HUG」と書かれた厚紙を高くかかげたお兄ちゃん。

のあさんのblog「わったかった」で記事を見て、今韓国の若者たちの間でこの「FREE HUG」がはやっているのを知っていた私は、「あ!!例のFREE HUGだ!!」と興味津々。写真とりたい、写真とりたい!とあわててカメラを構えようとするけど、なにぶんツアーの為「ほら、写真はいい、ちゃんとついていかなきゃ!」とだんなちゃんに怒られあきらめる・・・

なんか流行ってるのって世界規模らしいですね。日本でもほんのちょっと流行ってるって。知らなかった・・・知らない人とHUGして幸せをわけあうらしい。帰りがけも別のお兄ちゃんがFREE HUGのプラカードをかかげていましたが、高校生くらいの女の子が勢いでガバッと抱きついていました。

「わー私もやりたい。何でそんなことすると?って話しかけた~い」と興味津々な私とは逆に、だんなちゃんは「おまえ、あの兄ちゃんがイケメンやけんいいけど、ブサイクやったらせんやろ、絶対。」といつもの卑屈なネガティブシンキング・・・

ま、ちょっとアキバ系の人とか確かにいやかもしれんけど、でもFREE HUGキャンペーンをやろうという度胸は買うし、そういう出会いって素敵じゃない?!って私は思うんだけど、みなさんはどうですか?

イベント会場では風船が配られており、たぶん無料で配られていたようです。私たちは”VIP”ツアーなので、ちゃんと旅行社が人数分の風船をそろえていました。
Dsc00031 
「2007 해맞이 부산축재(2007 日の出見 釜山まつり)」と書いてあります。ぷかぷか浮くやつです。これに、旅行社が用意した紙に願い事を書いて結びつけ空に飛ばす...というのが今日の一大イベント。願い事を結ぶのは旅行社オリジナル企画みたいです。

竜頭山公園にはステージが設けられていて、楽器の演奏やらアカペラグループの歌やらがあっており、その前には黄色い風船を持った人だかり。私たち夫婦は寒い、寒いと釜山タワーの横にある喫茶店へ。
Dsc00039
マンゴージュースを頼むと、よくわからない飾りがついてきたりと、かなり時代遅れな喫茶店^^;でしたが、テラスにもテーブルと椅子がおいてあり、12時前になると中にいる人もみなテラスに出始めました。
Dsc00041
カウントダウンが始まり、12:00になった瞬間に一斉に風船を飛ばしました。すると後ろで誰かが電話で新年のあいさつをしています。「새해 복 많이 받으라(日本語で言えばあけましておめでとう、直訳は新年に幸せをたくさんつかんでね)」と話しかけています。「지금 가게 베란다에서 보고있어.(今 店のベランダで見てるよ)」...最初は友達にでも電話をしているのかと思っていたら、最後に聞こえてきたのは「사랑해~(愛してるよ~)」の言葉。 韓国では親にでも平気で「사랑해~」と言うのかもしれないけど、たぶんあの口調は彼女だろうな~。振り向くとそこにいたのは、さっきの時代遅れな喫茶店の店員でした。うちのダンナちゃんからはそんな言葉はありませんが^^、なんだか自分に言われた言葉のようで、温かい幸せな気持ちになったのでした。
Dsc00034

釜山で年越し☆①

みなさん、遅ればせながら、明けましておめでとうございまーす。

今日から仕事始めで、お正月気分から抜けざるを得なかったminaですが、さっそく釜山での年越し旅行の様子をレポります。

出発は12/31のAM9:00のビートル。海は穏やかで3時間はあっという間でした。今回はロッテ免税店主催の「VIPお得意様ツアー」・・・といっても、私がVIPなわけでなく、いつもお世話になっているポジャギのとんちゃん先生がロッテカードを持っていて、そのおこぼれに預かったのでした。なんと旅行に参加すると必然的に1人辺り20000円の免税店クーポンがついてくるというお得なツアー。宿がロッテホテルだし、正月だし、まぁ安いツアーではないのですが、でもクーポンで還元されればやっぱりかなりお得!

ロッテホテル到着後、さっそく腹ごしらえに街へ。何を食べようか・・・と迷ったあげく釜山名物の밀면(ミルミョン)に決定。밀면は냉면(冷麺)の親戚みたいなもの。냉면の麺はじゃがいもや蕎麦と片栗粉で作るそうですが、밀면(ミルミョン)の麺は밀면の”밀”という文字からもわかるように밀가루(小麦粉)から作られています。なんでも朝鮮戦争以降に北から非難してきた人々が冷麺の本場・ふるさと平壌(ピョンヤン)の味を再現しようとして、その当時でも少しは手に入りやすかったアメリカからの援助物資・小麦粉で代用して作ったのが밀면(ミルミョン)の始まりだそう。

また、釜山が発祥の地で、釜山を中心とする慶尚南道地域で主に食べられているっていうのも特徴的ですね~。

冷たい麺なので、夏の食べ物かと思いがちですし、実際夏にも人気なのですが、8月に釜山に来た時、友達のミンジョンに「밀면食べたい」って言ったら「オンニ、밀면は夏もいいけど、冬に食べるのがもっといいのよ、次来た時に連れて行ってあげる」と言われたように、冬にも人気がある食べ物。

実際、お店に行ってみると昼時を過ぎた2時ごろにもかかわらず、お店はお客さんがひっきりなしです。今回行ったお店は、西面の「春夏秋冬(춘하추동)」

Dsc00017
まずはテーブルの上においてある白い器に、これまたテーブルに置いてあるヤカンの中のものを注いでいただきます。これは、お肉のダシ=육수(ユクス)。夏はどうなのか知りませんが、私たちが行った冬には温かいスープとして置いてありました。

最初は、なんだなんだ、これは蕎麦湯か?どうやって飲むんだ?とキョロキョロしていた私たちも、周りを見て、普通に밀면(ミルミョン)を食べながら飲んでいいものだとわかり、ずずず~。ん~私は好きな味。だんなちゃんは微妙な顔をしていましたが・・・

そして、来ました主役の밀면(ミルミョン)ちゃんはこちら。
Dsc00018
見た目冷麺・・・つうか麺以外は冷麺と同じです^^;でも麺の歯ごたえがまた冷麺とは違って、ツルツルっと、口の中でもたつかない感じ。スープは甘めですが、麺の上にのった赤いタデギがスープに溶けると、絶妙な辛さ具合になるんです。そのうち下にたまってくるタデギを再度スープにかき混ぜると、何の味だかすこーし癖のある味が顔を出しますが、でも、あまり冷麺が好きではないうちのだんなちゃんもかなりお気に入りの一品でした。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

韓国観光公社

  • 한국의 날씨는?
  • 한국말 공부하자!!

尊敬(*゜▽゜*)するソンセンニムHP・blog

  • ポジャギの世界
    minaのポジャギとヨガの師匠で、兄しかいない私にとっては친동생(実の妹)のようにいつもかわいがってくれる언니(オンニ)です。ポジャギ・ヨガ共に、岩田屋コミュニティカレッジ他で教室開講中です!
  • ジスク デース 
    私の韓国語のソンセンニムで、LOVE FMでDJもつとめる金智淑ソンセンニムのHPです(更新お待ちしてます^^by mina)。minaと同じ超B型マイペースのジスク先生は、いつも笑顔で元気いっぱいの素敵な언니です。
  • 今日も食べようキムチっ子クラブ 
    minaの韓国料理の師匠、キムチっ子ことnakaさんのblog。麗しの美貌とおもしろトークで大人気の”我が家の韓国料理教室”を主催。ソウルで韓国料理をしっかり学ばれたnakaさんの料理教室の詳細はblogへGo!
  • ”ぱらん まだん”
    福岡市城南区城西に素敵な場所ができました。韓国文化講座や韓国文化工芸作品の展示会なども行っています。詳しくはblogへGo!
  • koe&Kyo 日々燦々
    直接習ったことはありませんが、ポジャギ展で福岡にいらしたときに何度かお食事をご一緒した李京玉先生とギャラリーkyoの李 賢静さんのふたりblogです。

친구들(友だちの)blog

  • しまこのひとりごと。
    韓国好き仲間のしまこさんのblogです。愛猫のなっちゃんと野球(ロッテ)をこよなく愛し、韓国野球にも造詣が深いのです・・・イ・スンヨプ選手にバレンタインのチョコを手渡したツワモノ^^
  • ほのぼの日記
    ”ぱらんまだん”仲間のjonsukさんのblogです。在日3世のjonsukさんから屈託なくいろ~んなことを教えてもらっています。明るくおしゃべり上手な우리 동생(私達のいもうと)です。
  • コリアンエアーで世界を旅しよう! @ユニパックツアー福岡
    minaがいつもソウルに行く時にはお世話になっているMオンニが勤める、コリアンエアー専門ユニパックツアー福岡支店のスタッフblogです。Mオンニもたまにレポートをしています。韓国だけでなく、ハワイやフィジーなどの情報もここで!!
  • はるかの いろイロ色 日記
    2002年から博多織を学び、2006年には「韓服」を学びに半年間ソウルに留学した悠(はるか)ちゃんのblog。さすが高校時代からデザインを学び、短大でも染色やテキスタイルを学んだ悠ちゃんらしく、日記に添えた写真が芸術的でステキ!
  • 時々 ひゃんり
    ”ぱらんまだん”仲間のひゃんりさんのblog。minaの韓紙工芸作品の色、その他もろもろのよきアドバイザーです。
  • happy Korean days
    趣味友&ママ友のR子さんのblogです。理解ある優しいナンピョン(だんな様)とニコニコ笑顔のかわいい娘っ子ちゃんに囲まれてゆったりなのにアクティブな素敵なママさんです。
  • sono、ぶろぐ 『もぐろぐ』
    ”ぱらんまだん”仲間のsonoさんのblog。毎日ちくちくポジャギをがんばっています。ソウルでポジャギ修行をしながら北九州を中心にポジャギ講師としてがんばっていまーす。
  • 焼肉とコリアンキッチンぽじゃぎ ママのブログ
    ”ぱらんまだん”の色講座で出会ったいつも明るく元気なぽじゃぎママさんのblog。太宰府市大佐野にある「焼肉とコリアンキッチンぽじゃぎ」はめっちゃうまい!ママさんからも元気もらえますよ~
  • Gyeongju journals
    韓国観光公社のパワーブロガーキャンプでご一緒したnana씨のblog。写真がとってもキレイで紹介している韓国の素敵な場所とともにそのセンスがきらりと光ります。
  • 韓国人の彼と結婚しました♪
    大学時代、共に韓国のウルサン大学に研修に行った仲間でもあるりおちゃんのblog。今は福岡で、韓国人の旦那さまと暮らしています。国際結婚ならではの韓国の話題満載です!
    ↑りおちゃんがChoo Choo猫グッズやPONY BROWNなどの
    韓国デザイン文具・雑貨の
    ネットショップを始めました。