フォト
無料ブログはココログ

09.926~28ソウル효도여행(親孝行旅行)

2009年11月22日 (日)

ソウル市内観光(午前)ツアーを利用してみました②

9月末のソウル旅行の続きです・・・

次は景福宮へ向かいますrvcardash

Imgp0464

景福宮のなかを見学するのはもう何年振りでしょうかsign02 3回目?4回目?

はっきり覚えていませんが、間違いないのは最初に韓国を訪れたのは高校の修学旅行。1992年かな?それからその次が大学2年生のとき、95年かな?いずれもその当時はまだこの景福宮のまん前には、日本が植民地時代に建た朝鮮総督府がそのまま残って、国立博物館として使われていました。

1996年にその建物も完全になくなり、国立博物館は竜山へ移転。まだ移転してからの国立博物館には行ったことがないのですが、景福宮は今回久しぶりにゆっくり見学することができました。

Imgp0481_2

ツアーのガイドさんが日本語で詳しく説明してくれました。

Imgp0468

映画「ラストエンペラー」でみた紫禁城の王座ととても似ています。

Imgp0488

↑香遠亭は、韓国で初めて電灯が灯された場所だそうです。

Imgp0489

↑壁の向こうに見える建物は、2007年に復元された乾清宮です。明成皇后が殺害された場所であり、2009年から自由観覧ができるようになりました。

Imgp0492

この門をくぐるとそこには・・・

Imgp0495

大統領官邸である青瓦台があります。

2009年10月24日 (土)

ソウル市内観光(午前)ツアーを利用してみました①

アンニョンハセヨ。bloger campのことも早くレポートしたいのですが、まだ효도여행(親孝行旅行)のレポートが終わっていませんsweat01

書きたいことがたくさんあるってことは毎日充実しているってこと、幸せですね~notes

さて、ソウル효도여행(親孝行旅行)の2日目は、”コネスト”というサイトからガイド付きツアーを予約しました。普通だったら自分で地下鉄を利用してどこでも行くのですが、今回は60代と70代のオンマとイモを連れての観光ですし、2人ともソウルは初めてですので、所謂”観光地”も見せておきたかったので、効率よく観光できるツアーを選びました。それのほうがガイドさんが日本語で詳しく説明してくれますしね。

今回私が選んだツアーは、「ソウル市内観光(午前)ツアー」。

午前だけの短い時間で、大統領官邸「青瓦台」、朝鮮王朝最初の宮殿「景福宮」、「国立民俗博物館」などを巡ります。ツアーは高い、高いと思っていたけれど、このツアーは1人28000wdollar

「景福宮」と「国立民俗博物館」の入場料3000wが含まれていますので、ツアーは25000w、その時のレートで言うと2000円を下回ります。ホテルhotelピックアップだし、車で効率よく移動できてガイドもしてもらえ、下車場所の希望をある程度きいてもらえる・・・と考えればそんなに高くない気がします。やはり初めての人や韓国語が読めない人、お年を召した方にはおススメですね。

さて、起床後まずはホテルhotelを出て朝食restaurant 前回のソウル旅行で食べてから忘れられない味shine 武橋洞の”터줏골(トジュッコル)”にまた行っちゃいました~smile(前回の記事はコチラ

Imgp0455

 いろんな味を楽しみたい私はあまり同じ店に2度行くことはないのですが、ここは本当に気に入ったんだもんnote

Imgp0451

そしたら店内でお決まりの싸움(サウム/けんか)勃発punch しかもファミリー同士のケンカです。

隣同士のテーブルに座っていた一方のファミリーの아줌마(アジュンマ/おばさん)が、「座れる幅が狭い、椅子を引いてくださいよ!」だの何だのって、背を向けて座っている隣のファミリーの할머니(ハルモニ/おばあちゃん)を椅子ごと背中で押しますと、その勢いでおばあちゃんの食べていた북어국(プゴクッ/タラのスープ)がこぼれちゃいました。

そしたら、その할머니(ハルモニ)の娘なのか嫁なのか孫なのかが、「ちょっと、何するんですか。それがお年寄りにする態度なのsign02」と怒り心頭angry 

ヒステリックpout気味に、「ちょっと、この人たち何とかしてちょうだいよdash」とお店の人を呼ぶと、次第に席の狭さを主張した方の아줌마(アジュンマ)の夫らしき아저씨(アジョッシ)から湯気spaが・・・ 「おい、元はといえばアンタんとこが椅子を引いてないから悪いんだpout お前も年長者に向かってその口のきき方はなんだdash」と言ったかどうかは半分推測ですが、つかみ合いにもなるかと思うほど、白熱した口げんかpunchが始まりましたとさ。

オンマとイモは目が点・・・eye

どうどうどうhorse・・・落ち着きなはれ、落ち着きなはれ。あ~やっぱり韓国人っておもしろい。朝っぱらからケンカするそのパワーに大沢親分と張さん並みの”アッパレgood”を差し上げたいcatface

さて、腹ごしらえをしたら集合場所のニューソウルホテルhotelへ。本当は自分の泊まっているホテルでピックアップしてくれるのですが、どうしても”터줏골(トジュッコル)”に行きたかったので、”터줏골(トジュッコル)”近くのニューソウルホテルhotelでピックアップしてもらうことにしました。

ニューソウルホテルhotelで車に乗り込むと、日本人が私達の他に8人。欧米系の方が2人乗られていて、ガイドさんは日本語担当と英語担当が1人ずつついていました。

まず車は清渓川に向かいますrvcardash

Imgp0458

ビルの谷間のオアシスclub 清渓川はいつ来ても、何度きても飽きないな~confident

つづく・・・

-----------------------------------

韓国旅行の情報を調べるなら・・・



↑韓国観光公社公式サイトへ가자(カジャ/行こう)!!

-----------------------------------

2009年10月11日 (日)

ソウルシティバスツアーで夜景満喫♪その②

さて、今度はソウルシティバスツアーbusの様子をご紹介しますhappy01

が、その前にソウルシティバスツアーbus・夜景nightコースに乗る方法を説明しておかなければflair

ソウルシティバスツアーは現在ホームページ(コチラ)からのネット予約を準備中だそうですが、いまだ準備が整っていないようです。ということで、乗り場に直接言ってチケットticketを買うしか方法がありません。電話telephoneの予約はできないようです。

私の泊まったアストリアホテルhotelだと、本当は一般リムジンbusで世宗ホテルhotel前で降りるのが最適なのですが、ちょうどKALリムジンbusの無料チケットticketをもっていたので、あえてKALリムジンbusに乗り、市庁にあるコリアナホテルhotel前で降りて、まずシティバスツアーのチケットticketから買うことにしました。

コリアナホテルhotel前でKALリムジンbusを降りると、数十メートル先にソウルシティバスツアーbusのチケット売り場ticketの小屋houseがあります。

Imgp0411
左の青い小屋houseがチケット売り場ticketです。

そうやって、お昼のうちにチケットticketを買っていたので、

Imgp0419


チケットticketの整理番号は、3.4.5番をゲットしましたsmile

出発は夜の8時watch。私たちは少し早めに夕食restaurantを済ませたので、7時半watchにはシティバスツアーbus乗り場に到着しました。整理券番号=席の番号ということを知らなかったので、チケットticketを先に買ったとはいえできるだけ早く行っていい席をゲットしようbearing!と思っていたのです。

チケットticket売り場の小屋houseの横にあるタクシーcar乗り場のベンチに腰かけて、チケットticket売り場のすぐ横に止まっているバスbusに乗るものだろう・・・と待っていたら、親切なおじさんがやってきて「シティバスツアーbusに乗るんですか?シティバスツアーのバスbusは、これじゃなくて向こうに止まっているバスbusだよ!」と教えてくれましたwobbly。よかったweep・・・乗り損なわなくてdespair

Imgp0412
↑夜の市庁近辺。左側にシティツアーバスが止まっています。

本物のバスbusはチケットticket売り場の小屋houseよりも光化門の方に少しだけ進んだところに止まっていました。せっかく早くから来て待っていたのにcoldsweats02・・・とがっかりしたのも束の間、バスbusに乗り込んで係員の人にチケットticketを見せると、「5番の席は2階ですよ」とのことhappy01 

ちゃんと整理券番号=バスbusの座席番号になっていて、無事オンマとイモを2階建てバスbusの一番前の席に座らせることができましたhappy02

Imgp0420
↑2階建てバスbusの先頭から見える景色nightはこんな感じ↓
Imgp0422

一般のバスbusみたいには飛ばさないので大丈夫ですけど、急ブレーキdash気味に止まった時はそのまま窓ガラスから前に飛び出してimpactしまうんじゃないかと怖くなってwobblyしまうほどの臨場感shine!!絶対2階建てバスbusの一番前の席、おススメですsmile

乗客はほとんどが韓国人で、1番2番の整理券をゲットgoodした隣の2人も韓国人の若いカップルheart04でした。でもちゃんとヘッドホンmusicで日本語の解説もつきますし、日本語が少し?わかる係員の方もいたので韓国語がわからなくても大丈夫です。

コースはおもに漢江にかかるいくつもの橋を江北から江南側に、江南から江北側に渡りながら、漢江の周りをぐるぐると廻ります。漢江は昔よりライトflairダウンしている橋もあるようですが、ライトflairアップしてある橋や、その周りを走る車rvcarのライトflair、高層ビルbuildingの明かりflair、などでずっと途切れることのない夜景nightを楽しめます。田舎者のオンマとイモは初めての景色に「わぁ~happy02」「はぁ~wobbly」と歓声やら溜息やら大忙しでしたhappy01

Imgp0429

私が一番期待していた盤浦(バンポ)大橋↑の”虹の噴水”ですが、2階建てシティバスツアーbusの夜景nightコースでは唯一ここでバスbusが休憩をとります。休憩時間は20分watch程度です。(盤浦大橋は2階建ての橋ですwobbly

でもバスbusを止める場所が結構橋から離れた場所なんです。トイレtoilet休憩も兼ねているからなのかもしれませんが、橋の近くに行って”虹の噴水”を見るには5分くらいは歩かなければいけなさそう。オンマはトイレに行きたいというし、これはオンマとイモにあの橋までいって戻って来ようというのはコクだな・・・と思い、近くまで行くのは断念しましたweep 私1人だったら走ってでもrun見に行ったけど・・・coldsweats01

晨・嘲礼02 (5).jpg
代わりにこの写真でご勘弁を・・・coldsweats01

↑の写真では橋の両側から出ているようになっていますが、私が遠くから見た限りでは一方しか水が出ていなかったように見えたんだけど・・・

Imgp0435
うっすら橋の下から水しぶきが見えるんですけどわかりますcoldsweats01?望遠レンズを伸ばしてみたけど遠いなぁ~

というわけで、もし盤浦大橋の”虹の噴水”を見たいという方は、やはり盤浦大橋を見るためだけに直接地下鉄subwayとバスbusを使っていかれるのがおススメですgood

またそれと一緒にほかの夜景nightも楽しみたいというかたは、シティバスツアーbusよりも漢江のビュッフェrestaurantナイトクルーズyachtやライブkaraoke遊覧船yachtなどを利用すると、川に停泊した遊覧船yachtから間近に”虹の噴水”が見れるはずです。

時間watchや予算dollarに応じて選ぶといいですね~happy01

以上、ソウルシティバスツアー体験記pencilでした!!

Imgp0434
漢江の向こうにはソウルタワーshineが見えます。今自分が江南側にいるのか、江北側にいるのかの目印になりますねwink

-----------------------------------

韓国旅行の情報を調べるなら・・・



↑韓国観光公社公式サイトへ가자(カジャ/行こう)!!

-----------------------------------

2009年10月 8日 (木)

ソウルシティバスツアーで夜景満喫♪その①

ソウルに行きなれた人ならば、「え~、シティバスツアーなんか今更乗らなくていいよ~gawk」と思われるでしょうね。

今回ソウルが初めてで、今後もそう度々訪れる事がないかと思われるオンマとイモを、如何に効率よく観光させ、また楽しませるか?!と考え、大都市ソウルの”夜景night”をテーマに2泊3日を組み立てました。

その第一弾が、
ソウルシティバスツアー・夜景コースbus

Imgp0411

ソウルシティバスツアーには実は大きく分けて2種類のバスがあります。それは、1階建てバスbusと2階建てバスbusの2種類です。

1階建てバスbusには、”都市building循環コース””夜景nightコース”の2つのコースがあり、2階建てバスbusには”清渓川・古宮コース””夜景nightコース”の2つがあるのです。(ソウルシティバスツアーについての詳細はコチラのソウル市観光公式サイトや、「コネスト」コチラの記事を参考にwink

私達が利用したのは、2階建てバスbusの”夜景nightコース”

1階建てバスにも2階建てバスにも”夜景nightコース”があるのですが、1階建てバスは汝矣島(ヨイド)にある国会議事堂とNソウルタワーをメインにして、漢江の周りをバスbusで回ります。Nソウルタワーではバスbusが停止して自由見学の時間watchが与えられますが、15分しか時間watchがないのでタワーの上まで上るのは難しいです。それで、お昼間にゆっくり行くことにしました。

一方2階建てバスbusのほうは漢江沿いを1階建てバスbusよりも広い範囲で回ります。また、昨年試行されて2009年5月から本格稼動し、最近話題になっている盤浦(バンポ)大橋の”虹の噴水”(ギネスブックにも登録されています!)の時間にあわせてバスbusが停車し、20分ほどの自由見学の時間watchが与えられます。

私は、最近までソウル留学中だったお友達のライチさんがmixiで盤浦(バンポ)大橋の”虹の噴水”のことを紹介していたのを見て、是非行きたいと思っていたので、2階建てバスbusのほうを選びました。

漢江の遊覧船yachtとすっごく迷ったのですが、漢江の遊覧船yachtのほうは19:30汝矣島(ヨイド)発のビュッフェrestaurantナイトクルーズyachtでないと”虹の噴水”が見れないとの事だったので、出発時間の早さと汝矣島(ヨイド)まで行く手間、50000wという料金dollarから、バスツアーbusのほうを選びました。

※ライチさんから「ライブ遊覧船でも”虹の噴水”見れたよ。」と情報をいただきました。

その②につづく・・・

-----------------------------------

韓国旅行の情報を調べるなら・・・



↑韓国観光公社公式サイトへ가자(カジャ/行こう)!!

2009年10月 6日 (火)

付岩洞(プアムドン)まで行かずにジャハソンマンドゥを食べる方法

Nソウルタワーの見学を終えると、お腹がすいて来ましたsad

お昼ごはんがKAL機内食のだけだったからなぁweep

ということで、早めの夕食をとることにsmile ちょうど3日間のうちに行こうと思っていたお店が、Nソウルタワーから降りてきた私達の目の前eyeにありました。

その店は・・・

ジャハソンマンドゥ(자하손만두)

Imgp0403

ジャハソンマンドゥといえば、マンドゥ(韓国式の餃子)の専門店で、テレビドラマのロケ地にもなったりと有名なお店restaurant

あれ?ジャハソンマンドゥって鐘路区の付岩洞(プアムドン)じゃなかったっけ?結構小高いところにあったはずだけど・・・と思った方もいらっしゃるでしょう。

ふっふっふcatface 実は明洞から歩いて数分の場所にも、ジャハソンマンドゥがあるんです!知ってましたbleah

その場所は、地下鉄4号線会賢(フェヒョン)駅に直結している新世界百貨店本店の10階・専門食堂街flair

Imgp0402_2

ジャハソンマンドゥのHP(こちら)にも載っていないのですが、実は付岩洞(プアムドン)まで行かなくてもジャハソンマンドゥを食べる方法があるのですwink

Imgp0405

主なメニューはこんな感じ。実は私、付岩洞(プアムドン)のジャハソンマンドゥに行ったことがないのですが、メニュー見本の中段にある定食のようなセットメニューは、17000wですが、本店の方にはないようです。(違ってたらミアネヨcoldsweats02

私達は、このセットメニューを注文。母と叔母はあまり量を食べれないので、メインを떡만두국(トクマンドゥクッ)にするセットと만두국(マンドゥクッ)にするセットの2種類を注文して、1人分のとり皿をいただきました。

Imgp0398

Imgp0399

↑こちらが、만두국(マンドゥクッ)のセットrestaurant

Imgp0400


Imgp0401

↑こちらが떡만두국(トクマンドゥクッ)のセットrestaurant

メインだけが違うのかと思ったら、ついてくるおかずもちょっとずつ違っているので、数人で行ったら違う種類を注文して、みんなでちょっとずつ食べるといいですね~smile

人工調味料は全く使用せず、味が薄いと感じる人もいるかもしれませんが、牛肉は韓国産牛で、野菜や豆腐はオーガニック食材にこだわっている体に優しいお料理restaurantです。 マンドゥにつける醤油も手づくりだそうで、絶品shineでした。

Imgp0397

窓際の席に座れば、こんな景色も眺められますよ~

ジャハソンマンドゥの味を未体験で、付岩洞(プアムドン)までわざわざ行くのはなぁ・・・と思っていた方は、是非 新世界百貨店本店へ!!

2009年10月 3日 (土)

南山オルレでら~くちん!

まだ前回の旅行airplaneで行った場所もすべて紹介し切れていませんが、それはまたおいおい・・・ということで、さっそく先週行ってきたばかりのソウルの旅をご紹介します。

今回の旅行はオンマ(母)とイモ(おばさん)を連れての효도여행(ヒョドヨヘン/親孝行旅行)confidentshineソウルの江北(カンブック)地区を中心に、代表的な観光地や景色のいい場所をセレクトして計画しました。

是非、みなさんも효도여행の参考にしていただければ幸いですhappy01

1日目から順番に紹介していきましょうnote

今回の宿は忠武路のアストリアホテルhotel 施設の古さは否めませんが、3人でベッド1人1台を条件に検索した中では破格のお値段で、しかも実際利用してみてその広さと、清潔に保たれた室内に充分満足でしたgood  いいホテルに泊まりなれた人にはお薦めしませんが、清潔であれば安いほうがいい!と言う人には、立地も抜群のアストリアホテルhotelお薦めですよ。

アストリアホテルhotelに荷物を置いて、まず最初に目指すのはNソウルタワーです。明洞方面にトコトコshoeと歩きますが、明洞の駅subwayは通り過ぎちゃいます。

さらに南大門市場のほうにトコトコshoeと歩き、新世界百貨店の手前から南山方面へ少し登ると見えてくるのが・・・・
Imgp0387
今年6月30日から稼動をスタートした
『南山オルミ(南山エレベーター)』
です。

Imgp0388
地元の人もたくさん利用しています。利用は無料moneybagです。夏にはちょっと暑そうsweat01だけど。

Imgp0389
乗り込むと、たったの1分か2分程度で上までたどり着きます。

Imgp0390
エレベーターを降りたらすぐそこは、Nソウルタワーに登るケーブルカー乗場です。ケーブルカーに乗る場合、乗り場までの坂道が急で徒歩では大変でしたが、この南山オルミの登場で徒歩でも断然楽になりましたnotes

帰りもケーブルカーを降りたらすぐ隣にある南山オルレを利用して南大門市場方面へ降りることができますよnote

次にNソウルタワーに行く時は、是非利用してみてくださいねhappy01

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

韓国観光公社

  • 한국의 날씨는?
  • 한국말 공부하자!!

尊敬(*゜▽゜*)するソンセンニムHP・blog

  • ポジャギの世界
    minaのポジャギとヨガの師匠で、兄しかいない私にとっては친동생(実の妹)のようにいつもかわいがってくれる언니(オンニ)です。ポジャギ・ヨガ共に、岩田屋コミュニティカレッジ他で教室開講中です!
  • ジスク デース 
    私の韓国語のソンセンニムで、LOVE FMでDJもつとめる金智淑ソンセンニムのHPです(更新お待ちしてます^^by mina)。minaと同じ超B型マイペースのジスク先生は、いつも笑顔で元気いっぱいの素敵な언니です。
  • 今日も食べようキムチっ子クラブ 
    minaの韓国料理の師匠、キムチっ子ことnakaさんのblog。麗しの美貌とおもしろトークで大人気の”我が家の韓国料理教室”を主催。ソウルで韓国料理をしっかり学ばれたnakaさんの料理教室の詳細はblogへGo!
  • ”ぱらん まだん”
    福岡市城南区城西に素敵な場所ができました。韓国文化講座や韓国文化工芸作品の展示会なども行っています。詳しくはblogへGo!
  • koe&Kyo 日々燦々
    直接習ったことはありませんが、ポジャギ展で福岡にいらしたときに何度かお食事をご一緒した李京玉先生とギャラリーkyoの李 賢静さんのふたりblogです。

친구들(友だちの)blog

  • しまこのひとりごと。
    韓国好き仲間のしまこさんのblogです。愛猫のなっちゃんと野球(ロッテ)をこよなく愛し、韓国野球にも造詣が深いのです・・・イ・スンヨプ選手にバレンタインのチョコを手渡したツワモノ^^
  • ほのぼの日記
    ”ぱらんまだん”仲間のjonsukさんのblogです。在日3世のjonsukさんから屈託なくいろ~んなことを教えてもらっています。明るくおしゃべり上手な우리 동생(私達のいもうと)です。
  • コリアンエアーで世界を旅しよう! @ユニパックツアー福岡
    minaがいつもソウルに行く時にはお世話になっているMオンニが勤める、コリアンエアー専門ユニパックツアー福岡支店のスタッフblogです。Mオンニもたまにレポートをしています。韓国だけでなく、ハワイやフィジーなどの情報もここで!!
  • はるかの いろイロ色 日記
    2002年から博多織を学び、2006年には「韓服」を学びに半年間ソウルに留学した悠(はるか)ちゃんのblog。さすが高校時代からデザインを学び、短大でも染色やテキスタイルを学んだ悠ちゃんらしく、日記に添えた写真が芸術的でステキ!
  • 時々 ひゃんり
    ”ぱらんまだん”仲間のひゃんりさんのblog。minaの韓紙工芸作品の色、その他もろもろのよきアドバイザーです。
  • happy Korean days
    趣味友&ママ友のR子さんのblogです。理解ある優しいナンピョン(だんな様)とニコニコ笑顔のかわいい娘っ子ちゃんに囲まれてゆったりなのにアクティブな素敵なママさんです。
  • sono、ぶろぐ 『もぐろぐ』
    ”ぱらんまだん”仲間のsonoさんのblog。毎日ちくちくポジャギをがんばっています。ソウルでポジャギ修行をしながら北九州を中心にポジャギ講師としてがんばっていまーす。
  • 焼肉とコリアンキッチンぽじゃぎ ママのブログ
    ”ぱらんまだん”の色講座で出会ったいつも明るく元気なぽじゃぎママさんのblog。太宰府市大佐野にある「焼肉とコリアンキッチンぽじゃぎ」はめっちゃうまい!ママさんからも元気もらえますよ~
  • Gyeongju journals
    韓国観光公社のパワーブロガーキャンプでご一緒したnana씨のblog。写真がとってもキレイで紹介している韓国の素敵な場所とともにそのセンスがきらりと光ります。
  • 韓国人の彼と結婚しました♪
    大学時代、共に韓国のウルサン大学に研修に行った仲間でもあるりおちゃんのblog。今は福岡で、韓国人の旦那さまと暮らしています。国際結婚ならではの韓国の話題満載です!
    ↑りおちゃんがChoo Choo猫グッズやPONY BROWNなどの
    韓国デザイン文具・雑貨の
    ネットショップを始めました。